CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 【ホンダ】2輪車の世界生産能力が2010年に2000万台規模に | main | HONDA NEWS 6月19日 >>
【ホンダ】高根沢の工場で新型燃料電池車の生産開始
下野新聞
新型燃料電池車の生産開始 ホンダが高根沢の工場で
ホンダは十六日、高根沢町上高根沢の四輪新機種センターで、新型の燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を始めた。

FCXクラリティ

一回の水素補給での走行距離はこれまでより約30%長い約六百二十キロ。電池の小型化によって、乗用車のコンパクトな車体に燃料電池の駆動装置を搭載できるようにした。同センターでは燃料電池車専用の組み立てラインを新設。ホンダエンジニアリング(芳賀町芳賀台)が生産した燃料電池スタック(発電装置)の搭載などを行う。
七月から米国、秋から国内でリース販売を開始。ガソリン高の中、環境性能をアピールする。米国でのリース販売価格は月六百ドル(約六万五千円)。約五万人から申し込みがあったといい、選考の上、カリフォルニア州の映画プロデューサーら五人を最初の顧客として発表した。今後、日米合わせて年間数十台、三年間で約二百台の販売を計画する。七月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)にも提供する。

課題のコストは、まだ一台あたり数千万円かかるという。十年以内に一千万円を切る価格にし、量産化を目指すとしている。

同日、同センターで行われた一号車の「ラインオフ(完成)式」で、福井威夫社長は「燃料電池車の量産化に向け、新たな一歩を踏み出した」と力を込めた。

この記事へのリンク>>
| HONDA NEWS | 19:09 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://type-r.patio-style.com/trackback/824055
トラックバック
芳賀町(栃木県)の製造業情報:出荷額,従業員数etc
このページでは栃木県芳賀町[はがまち]の工業(製造業)データを示す。芳賀町は製造品出荷額において、136,487[百万円](全国RANKING:476位, 栃木
| patmap都市情報 | 2010/01/29 9:21 PM |